・・・poco a poco・・・

**とりあえず、笑っていきましょ**

◆プロフィール◆

3dots

Author:3dots
2歳年上の夫
2006年生まれの息子
2009年生まれの娘

の4人暮らしです。

◆カレンダー◆
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
◆最近の記事◆
◆カテゴリー◆
◆月別アーカイブ◆
◆最近のコメント◆
◆最近のトラックバック◆
◆訪問ありがとうございます!◆

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書記録

Sat.13.06.2009
相変わらず活字を貪っています


―最近読んだ本―


『喋々喃々』
『食堂かたつむり』に次ぐ小川糸さんの第2作。
読んでいて、とにかく心地いい。
こういうのを相性がいい文章って言うのかな、というくらい
すーっと馴染んできてくれます。
設定には賛否両論あるかもしれません
(「食堂かたつむり」、映画化されるそうですね。主演は柴崎コウとか。)


『風花』
うむむ・・・これは読んでいて正直しんどかったです。。
おもーい雰囲気に気分が沈んでしまいました


『れんげ荘』
群ようこさん著
ありそうでなさそうな、
特別なような普通のような、
そんな誰にでも起こり得りそうな日常が
清々しく描かれています。
これまた心地よい本でした!


『かもめ食堂』
「れんげ荘」を読んで、こちらも読みたくなりました。
映画は何度も見たのですが、
本で読むとまたひと味違った面白さがあったり、
映画の場面と重ね合わせてみたりで
一気に読んでしまいました。
繰り返し読みたいと感じる本です。


『ジョーカー・ゲーム』
新聞の書評を見て面白そうだったので。
そうでなければ絶対借りないような装丁でした^^;
でも、読んでみると、スパイの奥深い心理戦に感心するばかり。
読後はスカッとしました。


『ゆずゆずり』
題名とシンプルでかわいい装丁に魅かれて読んでみました。
これもまた日常の生活を、エッセイか小説かの微妙なラインで描かれています。
でも、私には何かが違う・・・・・・もうひと声!!という感じでした。


『至福の味』
美食家が死を目前にしたときに、
最後に何を口にしたいか。
意外?な選択に「へぇぇぇ」
翻訳本は原本で読むともっと面白いのかな、と思ってしまいますね。


『心にナイフをしのばせて』
重い内容です。
30数年前にもこんな事件があったのです。
加害者と被害者家族、
不公平さと理不尽さにやりきれない気持ちになりました。


『レイコちゃんと蒲鉾工場』
蒲鉾が人を襲ったりする、なんとも不思議なお話
私の理解の範疇を超えていて「???」でした(笑)


『変愛小説集』
「恋愛」じゃあ、ありません、“変”愛です!
「恋愛」と読み違えた旦那さんに、
「ちがうん、“変”愛なんっ!面白そうやろ?」と言うと、
「どこまでひねくれとん・・・」だって
ほんとに変愛な短編集です。


ちょっとした時間に手に取る本が傍にある生活って、いいものです。


<< | home | キャミワンピ >>

comment
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 BLOG TOP 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。